CT検査

CT検査

CT装置の中心にある大きな穴に体を入れて,X線をあて,体の中の様子をコンピューターで処理し画像化する検査です。体の輪切りの断層写真が得られ診断に大変役立つ検査で,頭部,胸部,腹部の疾患の検査に主に使用されます。

CT検査には
<単純CT検査>
造影剤という薬を使用しないで撮影する検査

<造影CT検査>
より詳しい検査をするために,造影剤という薬を静脈注射する検査

の2種類の検査法があります。
マルチスライスCT
当院では、マルチスライスCTを導入し、より迅速に、より精度の高い検査を心がけております。
CT装置

 

 

検査で何がわかるのか?

造影CTでは,血流に関する情報が得られることにより,単純CTでは分かりづらい病気(腫瘍性病変や
血管系)が分かりやすくなります。
検査部位 わかるもの
頭 部 脳出血,脳梗塞,クモ膜下出血,脳腫瘍など
胸 部 肺炎,腫瘍,肺気腫,大動脈瘤,胸水など
腹 部 腫瘍,のう胞,結石,胆嚢炎や膵炎,肝硬変,脂肪肝,水腎症,腸閉塞
大動脈瘤,腹水など
通常の断面と3D画像
通常の断面と3D画像

 

 

検査の方法

・ベッドに仰向けに寝ていただきます。
・検査時間は検査部位によって異なりますが約3~15分程度です。

 

 

検査時の注意事項

・金属は検査のさまたげになる場合がありますので,金属のついた服や下着,貴金属などをはずしていただくことがあります。
・腹部の検査の場合は検査前4~5時間は,絶食となります。
・X線を用いた検査ですので,妊娠している方および妊娠の可能性のある方は必ず主治医または検査担当者にお知らせください。
・ペースメーカーや植込み型除細動器をつけておられる方は,主治医または検査担当者にお知らせください。
 胸部CT検査では,誤作動の恐れがあります。
・造影検査の場合は,検査前に専用の問診票をご記入していただきます。
Copyright© 2011 Uchida-Hospital. All Rights Reserved. お問い合わせ 個人情報の取扱について