一般検査(尿検査、便検査)

尿検査

尿は、腎臓で濾過・濃縮されて作られており、健康な人の尿には、タンパクや糖などはほとんど見られません。
異常物質の出現状況をみることで腎臓、膀胱、肝臓の病気まで見つけることができます。
尿検査は診察前の基本検査としても大切です。

異常値のとき疑われる疾患

腎機能障害、泌尿器系の腫瘍や炎症、糖尿病、尿路結石、尿路感染症、副腎疾患、
甲状腺疾患、生殖期疾患、飢餓、急性肝炎、黄疸など

検査室

 

便検査

口から摂取された食物は、食道~胃~小腸~大腸と通過する過程で栄養分の消化と吸収が行われ、便として排泄されます。そのため、胃や腸に異常があると、その形や色に変化があるほか、正常なときには見られない成分が混じったりします。したがって、便検査は、胃や腸などの消化管の病気を知るための手がかりとなるのです。

潜血反応

便中の微量な血液を検出することで、大腸がんをはじめとした消化管の出血性病変の一次検査として、早期発見には欠かせない検査です。
虫卵検査
寄生虫に感染すると体内に卵を産みます。
その卵が便の中に出てくるので、卵がないか顕微鏡で調べます。
  • 回虫卵
  • 鞭虫卵
  • 条虫卵
Copyright© 2011 Uchida-Hospital. All Rights Reserved. お問い合わせ 個人情報の取扱について