微生物検査

微生物検査(主に細菌検査)

肺炎や膀胱炎など感染症にかかった時や発熱などの症状の場合、その原因となる微生物を見つけるための検査です。
その結果から最も効果的な抗菌薬を選ぶなど、治療方針が決められます。
検査には血液だけではなく、喀痰や尿、便など感染している場所から採取したものを用います。
細菌は培養する(菌が見えやすくなるように殖(ふ)やす)必要があり、数時間で結果がわかる血液検査などと違い数日かかります。

微生物とは?

私たちの身の回りには、目に見えない、とても小さな生物が存在していて、それらが伝染病や感染症傷口の化膿などにかかわっており、人間の生活に大きな影響を与えています。これら肉眼では見えず顕微鏡で見える生物を「微生物」と言います。
顕微鏡

 

 

主な細菌検査の種類と疑われる病気・細菌

材 料 疑われる病気・細菌
血液 ・細菌性心内膜炎(緑色連鎖球菌,黄色ブドウ球菌,腸球菌)
・腸チフス(チフス菌)>
髄液 髄膜炎(肺炎双球菌,インフルエンザ菌,髄膜炎菌)
咽頭分泌物 ・ジフテリア(ジフテリア菌)
・急性腎炎(溶血性連鎖球菌)
・リウマチ熱(溶血性連鎖球菌)
・いろいろな肺感染症(肺炎球菌,肺炎桿菌,ブドウ球菌,インフルエンザ菌,カンジタ,結核菌)
喀痰
胃液 肺結核(結核菌)
胆汁 ・胆道感染症(大腸菌)
・チフス(チフス菌)
尿 ・腎盂腎炎,膀胱炎など尿路感染症(大腸菌,クレブシエラ,緑膿菌,セラチア)
糞便 ・腸チフス(チフス菌)
・腸炎(サルモネラ,腸炎ビブリオ,カンピロバクター)
・赤痢(赤痢菌)
・ノロウイルス
Copyright© 2011 Uchida-Hospital. All Rights Reserved. お問い合わせ 個人情報の取扱について